2024初夏・京都の新緑を巡るコース【半日編②】

本記事では、京都の人気スポットを巡りながら新緑を楽しむ、およそ半日のコースを紹介します。この記事はパート②なので、パート①も見てみてください。
行き先は以下の4か所です。

 ・詩仙堂🍃
 ・瑠璃光院🍃
 ・蓮華寺🍃
 ・銀閣寺🍃

🍃マークがついているスポットは、美しい新緑が楽しめるスポットです。
このコースでは、すべてです。

掲載されている写真はすべて、サイト運営者であるAKIRAが2023年に自ら撮影したものです。
ちなみにAKIRA、新緑が一年の中で一番好きなんです。芽吹き始める草木から自然のパワーを感じます!
この記事では、実際に訪れた際のひとことコメントと共に、各々の魅力を紹介していきます。


詩仙堂

詩仙堂は、京都の一乗寺にあります。曹洞宗の寺院で、江戸時代に文人石川丈山が隠棲のために建てた山荘から始まるそうです。
美しい庭園では丈山の発案した”鹿おどし”の音が風情を添え、四季折々の景色が楽しめますが、特に秋の紅葉が有名なように思います。

(2023年4月24日撮影)

(^^)/ AKIRAのひとことコメント
見事な青もみじでした。紅葉で有名な寺院ですが、この時期も美しいです。


瑠璃光院

瑠璃光院は、比叡山麓にある浄土真宗の寺院で、期間限定で一般公開されます。その主庭全体がまさに瑠璃色に輝かんとする様子から「瑠璃光院」という寺号がつけられたそうです。
写真のように、書院からは美しい苔の絨毯ともみじがが広がる「瑠璃の庭」が楽しめます。机に青もみじが反射し、室内まで緑に包まれているようです。畳に座って鑑賞します。
この数奇屋造りの建物に入るまでも、山露路の庭や臥龍の庭など見どころはたくさんです。

(2023年4月10日撮影)

(^^)/ AKIRAのひとことコメント
最も好きな寺院の一つです。紅葉で有名な寺院ですが、青もみじも本当に美しいです。中心地から離れていて少し行きにくい場所にありますが、それでも行く価値のある寺院です。この時期は予約なしで拝観できます


蓮華寺

蓮華寺は天台宗の寺で、本尊の釈迦如来を祀ります。元々は七条通りにあったそうですが、応仁の乱の後、現在の地に再興したそうです。
美しい苔で覆われた境内には、六角形の笠を持つ珍しい形の蓮華寺型燈籠や石川丈山の庭園があります。

(2023年5月22日撮影)

(^^)/ AKIRAのひとことコメント
開門と同時に拝観しました。小さい寺院で、かつ市街地から少し離れた場所にありますが、落ち着ける素敵な寺院です。


銀閣寺

銀閣寺はパート①でも紹介しましたが、人気スポットのためパート②にも入れています。
銀閣寺は京都の東山にあり、正式には東山慈照寺と呼ばれています。近くには哲学の道があります。
起源は、室町幕府八代将軍の足利義政によって造営された山荘東山殿。金閣寺とは対照的にどこか落ち着いた雰囲気を皆さん創造しているのではないでしょうか。実際、当時の文化である東山文化は、簡素枯淡の美が真髄。さらに銀閣寺、実は都に背を向けて建てられているそうです。そんな歴史的背景も調べながら訪れると、より銀閣寺が楽しめそうですね。

(2023年4月10日撮影)

(^^)/ AKIRAのひとことコメント
この日は春の特別拝観で訪れました。本堂の与謝蕪村・池大雅の襖絵など、普段は見られない部分が楽しめます(撮影は不可)。この日は修学旅行生らしき方も数名来ていました。春ですね。新緑、苔、木漏れ日は見頃でした。


2024初夏・京都の新緑を巡るコース【半日編②】いかがでしたでしょうか?
今後、一日編①、②も更新していきます。
桜の季節が終わり、新緑の時期の京都は比較的観光客が少ないように思います。
新緑こそ、神社や寺院の本来の良さが発揮されるのでは!?ぜひ初夏の京都も訪れてみてください。